車 買取 相場

車買取店と直販店が中古車買取業界には存在しますが、査定相場は結局どちらが高いのでしょうか?車買取店と直販店の査定相場の違いや価格比較などについて考察しています。

車 買取 相場 > 車買取店と直販店、査定相場は結局どちらが高い?

車買取店と直販店が中古車買取業界には存在しますが、査定相場は結局どちらが高いのでしょうか?車買取店と直販店の査定相場の違いや価格比較などについて考察しています。

買取した中古車の売却先はオークションかエンドユーザーに分かれます

車を買取した中古車業者は次に売却するために買い取りするわけですが、その売却先としては主に中古車オークションとエンドユーザーの2種類があります。


中古車オークションとは自動車専門の競り市のことで、買取専門店は売却先として、そして中古車販売業者は仕入先として利用しています。つまり、買取専門店はユーザーから買い取りした中古車をオークションに出品し、販売業者は自社で販売したい中古車に入札し落札した中古車をエンドユーザーに販売するのです。

エンドユーザーとは、最終消費者、つまり、商品を使う人を意味し、この場合は中古車をマイカーなどとして利用する人のことですね。


売却先をこのようにして整理すると、どちらにしてもユーザーから買い取りした中古車は最終的にはエンドユーザーのもとに届くことになりますので、中古車オークションを介さずに直接エンドユーザーに売却したほうが間に余計なマージンが発生しないので一般的には高く買い取りできるということがいえます。


買い取りした中古車をエンドユーザーに直接販売する直販店はこれを売りに営業をかけているわけですが、だからといって必ずしも直販店のほうが買取店よりも買い取り査定価格が高いとは限りません。

最近は買取店と呼ばれている業者もエンドユーザーに直販する仕組みを採り入れており、また、海外で人気のある中古車の場合、日本市場でエンドユーザーに直販する業者よりも海外販路に強い買取業者のほうが査定相場が高くなるケースもあります。


直販店のCMを聞いていると「オークションに売却する中古車買取専門店よりも高く買い取りできる」ということを差別化してアピールしていますが、これを聞いた一般ユーザーが直販店だけに査定依頼するのは高価買取のチャンスを自ら放棄していると言っても過言ではありません。